文部科学省主催事業「大学の国際化促進フォーラム」に選定 オンライン学生国際交流プラットフォーム 「e4square(イーフォースクエア)」始動

~大学間協働でニューノーマル時代のグローバル人材を育成~

法政大学(総長:廣瀬 克哉)では、文部科学省「大学の国際化促進フォーラム」に選定された「大学間協働による学生国際交流プラットフォーム構築プロジェクト」の基盤となる「e4square(イーフォースクエア)」をスタートします。

コロナ禍でリアルな交流が制限され、先行きの見えないなか、本プラットフォームでは、オンラインの特性を最大限生かし、「国境や大学の垣根を超えた、学生の創造的な交流の場の形成」、「海外大学生との交流を“日常”にすること」を目指します。日本そして各国から集まった学生プランナー・学生特派員が、自由で柔軟な発想に基づくオンライン交流会の開催、学生生活をテーマにしたVlog(ビデオログ)の発信を行います。

【本件のポイント】

・プラットフォームには、国境・大学の垣根を越えて学生が結集。まずは、日本、中国、韓国、ベトナムからスタートし、今後他の国や地域に展開予定。

・学生プランナーは、創意あふれるオンライン交流会を企画実施。

・学生特派員は、学生生活のリアルな様子をVlog(ビデオログ)で発信。

◆e4square(イーフォースクエア)とは

e4squareはオンラインプラットフォームの名称です。e4には、everybody(だれもが)、everyday(毎日)、exchange(交流する)に加え、学生自身が4つ目のeを決めるという意味が込められています。

プラットフォームサイト( https://www.e4square-hosei.net/ )では、オンライン交流会イベント情報やVlog(ビデオログ)の発信、学生プランナー・学生特派員の紹介を行います。

◆個性豊かな学生プランナーによるユニークな企画が満載

学生プランナーは、オンライン交流会を企画実施する学生です。日本からは、法政大学のほか、千代田区キャンパスコンソーシアム大学の大妻女子大学、共立女子大学、東京家政学院大学、そして関西大学の学生が参加しています。また、海外からは、釜山外国語大学(韓国)、日越大学(ベトナム)の学生が参加しています。今後、アジアを中心に国や大学を拡充していく予定です。

トークやセミナー、体験型企画(ダンス、料理など)、様々な企画の立案、当日の司会進行、開催報告の記事を執筆という一連の作業の実施を通じて、プロジェクトマネジメント力、チームビルディング力を涵養します。なお、第一弾の企画として、以下が予定されています。

9月28日 日本人学生企画「働きかたについて話そう」

10月1日 韓国人学生企画「秋といえば思い浮かぶ食べ物、ことわざは?」

◆Vlog(ビデオログ)では、学生生活の一コマを発信

学生特派員が、学生生活の様子をショートムービーで投稿します。学生の創造性、表現力、取材力の向上はもちろん、各国の学生生活を共有することで、将来的な留学など学生生活のモチベーションアップにもつなげます。