地域デザイン・ビジネス創出手法を学ぶ「白山手取川流域 地域デザイン・SDGs ビジネスセミナー」開催

地域デザイン・ビジネス創出手法を学ぶ 

「2021年度 白山手取川流域 地域デザイン・SDGs ビジネスセミナー」

9/13(月)、10/11(月)、11/15(月)、12/13(月)にオンライン開催

 

金沢工業大学は、SDGsに関する民間認定機関であるBeyond SDGs Japanと共同で、「2021年度 白山手取川流域 地域デザイン・SDGs ビジネスセミナー」を全4回にわたり、9/13(月)、10/11(月)、11/15(月)、12/13(月)にオンライン開催します。

 

新型コロナウイルス感染拡大によって、私たちの暮らし方や空間、人々のニーズが大きく変わっています。そして、欧州を中心に、with/after コロナに向けて、SDGsを重視した生活やそれを支えるビジネスにヒト・モノ・カネといった資源が集まる動きが加速しています。「地域デザイン・SDGsビジネスセミナー」では、新たな時代に必要な持続可能な地域づくりを学ぶとともに、そこから生じる持続可能な生活や新たな消費者のニーズ、地域の可能性を生かした SDGsビジネスについて学びます。

 

地域デザインについては、ハーバード大学大学院デザインスクールや東京大学大学院等の知見を活かした手法を学ぶとともに、生活・ビジネスの基盤となる持続可能な地域の在り方について、様々な分野の最前線で活躍する実践者をゲストに招きます。大きく変化しつつある世界の動向に目を向けることで、今後地域で起こりうる変化を先読みし、新たなビジネスチャンスに気付くことができるオンラインセミナーです。地域デザインに参画することで、変化によって生じるビジネスチャンスを真っ先に掴むために、ぜひご参加ください。

開催内容の詳細は添付のチラシをご覧ください。

 

白山手取川流域 SDGs認定制度について

「白山手取川流域 SDGs認定制度」は、白山市による白山市SDGs未来都市計画の実現に向け、白山手取川流域におけるSDGsアクションを後押しする制度として、2020年に創設され、SDGsに関して表面的な知識だけではなく、本質的な理解をした上で活動したい人たちの背中を押し、ネットワーク化を図るための制度です。今回の地域デザイン・SDGsビジネスセミナーを合計4回受講すると、SDGs認定制度のSTEP2にあたる「SDGs研修修了者」の資格が得られます (年度をまたいだ参加も可能です)。