第20回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」発表

※各授賞作品の詳細、授賞理由、受賞者コメント、本賞については早稲田大学公式WEBサイトよりご確認ください。https://www.waseda.jp/top/news/71585

 

2020年度第20回「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」の授賞作品を、通り、受付期間内に応募・推薦された147作品の中から、次のとおり2部門にて「大賞」3作品、および3部門にて「奨励賞」3作品を決定致しました。

 

大賞

第20回 早稲田ジャーナリズム大賞大賞作品

 

公共奉仕部門 大賞

 ●かんぽ生命不正販売問題を巡るキャンペーン報道 (西日本新聞)

 

公共奉仕部門 大賞

 ●「桜を見る会」追及報道と『汚れた桜「桜を見る会」疑惑に迫った49日』の出版 ネットを主舞台に多様な手法で読者とつながる新時代の試み (毎日新聞ニュースサイト、毎日新聞出版)

 

草の根民主主義部門 大賞

 ●『証言 沖縄スパイ戦史』 書籍(集英社新書)

 

奨励賞

 

第20回 早稲田ジャーナリズム大賞奨励賞作品

公共奉仕部門 奨励賞

 ●『ふくしま原発作業員日誌 イチエフの真実、9年間の記録』 書籍(朝日新聞出版)

 

草の根民主主義部門部門 奨励賞

 ●BS1スペシャル「封鎖都市・武漢〜76日間 市民の記録〜」 (NHK BS1スペシャル)

 

文化貢献部門 奨励賞

 ●サクラエビ異変 (静岡新聞、静岡新聞HP)

 

早稲田大学は、建学以来多くの優れた人材を言論、ジャーナリズムの世界に送り出してきました。先人たちの伝統を受け継ぎ、この時代の大きな転換期に自由な言論の環境を作り出すこと、言論の場で高い理想を掲げて公正な論戦を展開する人材を輩出することは、時代を超えた本学の使命であり、責務でもあります。

石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」は、このような背景のもと、社会的使命・責任を自覚した言論人の育成と、自由かつ開かれた環境の形成への寄与を目的として2000年に創設され、翌2001年より毎年、広く社会文化と公共の利益に貢献したジャーナリスト個人の活動を発掘、顕彰してきたものです。

大賞受賞者には正賞(賞状)と副賞(記念メダル)および賞金50万円が、奨励賞受賞者には正賞(賞状)と副賞(記念メダル)および賞金10万円が贈られます。また受賞者には、ジャーナリストを志す本学学生のための記念講座に出講いただく予定です。

 

早稲田ジャーナリズム大賞 記念メダル

「石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞」についてはこちら⇒