Microchip、新しいデバイスと設計エコシステムの拡充でモータ制御のサポートを強化

[NASDAQ: MCHP] – ますます多くのシステム アプリケーションで電気モータが使用されるようになっており、基板面積、部品点数、電力消費を削減させると同時に電力効率の高いシステムを実現できるデバイスとツールが必要とされています。Microchip Technology Inc.(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、デジタルシグナル コントローラ(DSC)とマイクロコントローラ(MCU)でモータ制御ポートフォリオを拡充した事を発表しました。これらの新製品は設計ツール、開発ハードウェア、トルク最大化制御アルゴリズム、冷蔵庫コンプレッサ リファレンス デザイン等でサポートされます。

「豊富なアナログ機能を備えたdsPIC33C DSC等の新製品は、Microchip社が車載、産業、医療、コンシューマ アプリケーションにおけるモータ制御の設計を容易にすると同時に開発および部品コストを低減する努力を続けてきた事を実証しています」とMicrochip社16ビットMCU部門副社長のJoe Thomsenは述べています。「今回さらに充実したサポート エコシステムにより高性能、高効率、高信頼性を実現しながら、より迅速な設計が可能となります。」

Microchip社が今回拡充したモータ制御ファミリは以下の通りです。
dsPIC(R) DSC: dsPIC33CK64MC10x DSCは低コストで機能安全対応のFOC(界磁制御)向け製品で、既存のモータ制御開発ボード向けモータ制御プラグイン モジュール(PIM)でサポートされており、また新しい低コスト低電圧モータ制御開発ボードでもサポートされます。MPLAB(R) X統合開発環境(IDE)とMPLAB Code Configuratorが迅速なコード開発を支援し、motorBench(R)開発スイートがFOC向けに最適化されたコードを生成します。
FOC向けPIC32MK MCJ/MCM MCU: 第2世代の32ビットMCUデバイスは32ビット浮動小数点とDSP性能を備え、通信機能を柔軟に選択できます。アナログ機能はdsPIC33CKと共通であり、ファミリ間の移行もシームレスに行う事が可能です。これらのデバイスは複数のCAN-FDおよびUSBポートも備え、MPLAB X IDEでサポートされており、3つの開発ハードウェアを選択できます。PIC32MKのソフトウェア サポートには、センサ付きおよびセンサレスモータ アプリケーション向けの、MPLAB Harmony v3ソフトウェア フレームワークによるモータ制御ソフトウェア スイートが含まれます。
motorBench開発スイート: このGUIベース ソフトウェア開発ツール (バージョン2.35)を使うと、FOCでモータを動かすためにかかる工数を削減し、個別のモータ向けに最適化したソースコードを生成できます。今回のリリースではdsPIC33CKファミリのサポートを拡張し、新しいアングル トラッキング位相ロックループ(AT-PLL)推定器、磁界弱め(FW)制御、最大トルク/電流(MTPA)制御、デッドタイム補償(DTC)制御等、新機能を多数追加しました。
ゼロ速度/最大トルク(ZS/MT)アルゴリズム: 低インダクタンス モータの停止時または低速時に高トルクを必要とする応用でホールセンサを省く事ができます。dsPIC33 DSC、SAMおよびPIC32MKモータ制御MCUをサポートします。
dsPIC33CK低電圧モータ制御開発ボード: dsPIC33CKファミリを使ったアプリケーションの開発プラットフォームとリファレンス デザインを兼ねています。
低コストで高効率な冷蔵庫コンプレッサのリファレンス デザイン: 今回ターンキー設計ファミリに加わったリファレンス デザインです。モータ制御設計のベスト プラクティスを示し、迅速な開発を可能にします。

在庫/供給状況
dsPIC33CK64MC105は本日より出荷いたします。パッケージは最小4 x 4 mmで28~48ピンの6種類、フラッシュは32~64 KB、RAMは8 KBです。PIC32MKも本日より出荷いたします。パッケージは48~100ピン、フラッシュは256 KB~1 MB、RAMは64~256 KBです。

詳細はMicrochip社または正規代理店にお問い合わせ頂くか、Microchip社ウェブサイトをご覧ください。本プレスリリースに記載された製品をご購入頂くには、https://www.microchip.com/motor controlまたはMicrochip社オンラインストアにアクセスするか、Microchip社の正規代理店にお問い合わせください。

リソース
高画質の写真は報道関係専用窓口までお問い合わせ頂くか、Flickrでご覧ください。
● アプリケーション画像:
https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50331423471
● PIC32MKのブロック図:
https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50330941013
● PIC32MK MCM Curiosity Pro開発ボード:
https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50330904678
● PIC32MK MCMファミリ プラグイン モジュール(PIM) MA320211: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50343160716
● dsPIC33CKのブロック図:
https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50331719307
● dsPIC33CK LVMC開発ボード:
https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50331793627
● dsPIC33冷蔵庫コンプレッサ リファレンス デザイン: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50331593926
● dsPIC33CK64MC105外付けオペアンプモータ制御プラグイン モジュール MA330051-1: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50343310817
● dsPIC33CK64MC105内蔵オペアンプモータ制御プラグイン モジュール MA330051-2: https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/50343154846

Microchip Technology社について
Microchip Technology社(以下、Microchip社)はスマート、コネクテッド、セキュアな組み込み制御ソリューションのトッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。Microchip社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場で120,000社を超えるお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト(http://www.microchip.com)をご覧ください。

詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社):daphne.yuen@microchip.com