全国で7カ所!城泊による歴史的資源の活用事業の支援地域に福山市が選定!

観光庁が行う「令和2年度 城泊・寺泊による歴史的資源の活用事業(城泊・寺泊専門家派遣)の支援地域に広島県福山市(福山城)が選定されました。
今後は専門家による支援のもと,改修後の福山城の利活用策について検討するものです。

令和2年度 城泊・寺泊による歴史的資源の活用事業(城泊・寺泊専門家派遣)について

城や寺社を日本ならではの文化が体験できる宿泊施設として活用することに意欲のある事業者に対して,地域住民や自治体への理解・事業化を進めるための専門家派遣,初動支援,事業者フォローアップ調査等を行うもの

支援内容

城泊・寺泊を手掛ける事業者によって構成される専門家によるヒアリング・現地視察,コーチング支援等

福山市について

福山市(市長:枝広 直幹)は、瀬戸内海沿岸のほぼ中央、広島県の東南部に位置し、高速道路網のアクセスが良く新幹線「のぞみ」も停まる、人口約47万人の拠点都市です。
福山市には四季折々の美しさを見せる自然、温暖な気候、海・山・川から得られる恵みがあります。100万本のばらが咲き誇る「ばらのまち」としても知られ、潮待ちの港として栄え日本遺産に認定された景勝地「鞆の浦」や、JR福山駅の新幹線ホームから見え、2022年には築城400年を迎える「福山城」、2つの国宝をもつ寺院「明王院」などの名所があります。
産業としては、鉄鋼業や繊維産業など多様な製造業が集積し、ものづくりのまちとして発展してきました。デニム生地は、世界のハイブランドにも活用されるなど高い品質が評価されています。

福山市公式ホームページ