スマートフォン用ライブ配信ツール『GO:LIVECAST』と電子和太鼓『TAIKO-1』が「2020年度グッドデザイン賞」を受賞~『GO:LIVECAST』は「グッドデザイン・ベスト100」にも選出~

ローランド株式会社のスマートフォン用ライブ配信ツール『GO:LIVECAST』と、電子和太鼓『TAIKO-1』が、「2020年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。さらに、『GO:LIVECAST』は、受賞対象の中でも審査委員会により特に高い評価を得た「グッドデザイン・ベスト100」に選出されました。

『GO:LIVECAST』のアプリ画面とコントローラー(左)と『TAIKO-1』(右)

■スマートフォン用ライブ配信ツール『GO:LIVECAST』(2020年1月発売)

スマートフォンからのライブ配信に多彩な演出を加えて、動画のクオリティを上げることができる、アプリとコントローラーのセットです。YouTubeなどSNSで動画配信を行う際に、簡単な操作でタイトル画面やテロップ、効果音やBGMなどで演出することが可能。顔の映りをよくする「美肌フィルター」や、2台のスマートフォンのカメラ映像を切り替えるなど、本格的な演出を可能にします。

また、日本最大級のライブ配信サービスで、10~20代のユーザーに人気のライブ配信サービス「TwitCasting」(通称:ツイキャス)では、モイ株式会社との技術協力で、より安定した配信を実現しています。

『GO:LIVECAST』使用イメージ

『GO:LIVECAST』製品ページ: https://www.roland.com/jp/products/golivecast/

<審査委員の評価コメント>

「ライブ配信用のコントローラデバイスである。従来のような高価な機材システムを必要とせず、このデバイスと専用のスマートフォンアプリがあれば、一人でも手軽に工夫を凝らしたライブ配信が可能となる。シンプルなボタン操作で、テロップや効果音、動画やイメージ、もう1台のスマホを繋いでのカメラ切り替えなどの演出が可能となっており、またプロダクトとしてもそれらの機能がすっきりとコンパクトにまとめられている。これからの時代にますます重要性を増す「個人の力や創造性をエンパワーするプロダクト」として高く評価した。」

■電子和太鼓『TAIKO-1』(2020年12月発売予定)

太鼓ならではのダイナミックな音色変化と自然な演奏感を再現した、世界初の「担ぎ桶」スタイルの電子和太鼓です。長年の電子ドラムに関する研究で培った、独自技術やノウハウを応用し、太鼓芸能集団「鼓童」の協力を得ながら開発を行いました。当社独自のメッシュ素材の打面を採用し、高い静粛性を実現。音の大きさを気にすることなく、どこでも太鼓の演奏を楽しむことができます。本体を分解してコンパクトに収納できるので、持ち運びもスムーズに行えます。

『TAIKO-1』演奏イメージ

『TAIKO-1』製品ページ: https://www.roland.com/jp/products/taiko-1/

<審査委員の評価コメント>

「和楽器を電子化したことは大きなチャレンジと言えるが、和太鼓の持つ幾つかの問題点は電子化することでしか解決し得なかったのではないかと思わせる出来栄えである。同じく和楽器の鼓(つつみ)を連想させる形状であるが、軽量化、分解・組み立てが容易で気軽に持ち運びできることを考えると必然の形と言える。伝統芸能の継承に大きな役割を果たすことに繋がるプロダクトである。今後の展開が楽しみである。」

『TAIKO-1』分解時

※「2020年度グッドデザイン賞」の詳細は、公式ホームページ https://www.g-mark.org/ をご覧ください。

■製品写真

『GO:LIVECAST』のアプリ画面イメージ(左)とコントローラー(右)

『TAIKO-1』

※製品画像は、ニュースリリース・ページ https://www.roland.com/jp/news/0882/ よりダウンロードいただけます。

※文中記載の会社名および製品名などは、各社の登録商標または商標です。

※このニュースリリースに掲載されている製品情報や発売時期などは、発表日現在の情報です。

発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

■製品に関するお客様のお問い合わせ先

ローランド株式会社

お客様相談センター: http://roland.cm/contact