ラグビーワールドカップ2019™日本大会 開催後経済効果・大会成果分析レポート公開

EY Japanは、公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会の委託を受け「ラグビーワールドカップ2019™日本大会 開催後経済効果分析レポート」および「ラグビーワールドカップ2019™日本大会 大会成果分析レポート」を公開したことをお知らせします。

本レポートは、今後の国際イベントの企画運営、スポーツビジネスやインバウンドマーケティングのご参考としてもご活用ください。以下は各レポートの概要です。

<開催後経済効果分析レポート>

ラグビーワールドカップ2019日本大会の経済面での効果を総括したのが経済効果分析レポートです。経済波及効果は総額6,464億円(4,309百万ポンド)に及び、ラグビーワールドカップ過去最大の経済効果であることが分かりました。本レポートでは日本国内ならびに各開催都市の観戦客等による消費、大会運営費、スタジアム等インフラ整備などの内訳・構成を示すと共に、インバウンド情報についても言及しています。

【概要】

第1章 大会概要 ― ラグビーワールドカップ史上最高のチケット完売率 他

第2章 大会開催による経済効果 ― 訪日客による消費支出が経済波及効果に強く影響 他

第3章 開催都市の経済効果 ― 12の開催自治体で経済効果を生み出した 他

<大会成果分析レポート>

ラグビーワールドカップ2019日本大会の成果は経済面に限らず広く多方面に及びました。満席のスタジアムを通じて発信されたラグビーの魅力、ラグビーをよくは知らないが大いに盛り上がった“にわかファン”、今回初めて日本を訪れたインバウンド観戦客など、複合的な観点から大会を総括・評価する目的で作成したものが大会成果分析レポートです。

【概要】

第1章 数字で振り返るRWC2019 ― ファクトデータに基づいた大会成果レビュー

第2章 スタジアムはなぜ満席になったか ― RWC2019チケット購入者の調査分析

第3章 “にわかファン”はどのような人々だったか ― RWC2019国内観戦者の調査分析

第4章 訪日観戦客はどのように行動したか ― RWC2019訪日観戦客の調査分析

第5章 台風による試合中止はどのように決定されたか ― 今後に活かしたいメガスポーツイベント危機対応の実績・経験

注)本レポートの著作権は、レポートの委託者である(公財)ラグビーワールドカップ2019組織委員会および同委員会の権利継承団体である(公財)日本ラグビーフットボール協会に帰属します。EYはレポートの作成者として、同委員会並びに同協会の許可の下でレポートを掲示しております。

レポートは、下記のリンクにアクセスしていただくことでお読みいただけます。

大会経済効果分析レポート

https://www.eyjapan.jp/newsroom/2020/pdf/2020-06-24-ey-the-economic-impact-rwc2019.pdf

大会成果分析レポート

https://assets.ey.com/content/dam/ey-sites/ey-com/ja_jp/news/2020/pdf/ey-rugby-world-cup-2019-review-of-outcomes-j.pdf

〈EYについて〉

EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。

EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。

〈EY アドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社について〉

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社はEYの日本におけるメンバーファームです。さまざまな分野の専門性を有するプロフェッショナルがグローバルに連携し、企業が抱える経営課題に対し、最先端かつグローバルな視点と実行力で最適なアドバイザリーサービスを総合的に提供いたします。詳しくは、www.eyjapan.jp/advisoryをご覧ください。