【日本初】ミャンマーに個人出資の公立小学校を開校しました!

2019年7月7日にミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)、マグウェイ州、アウンラン市、タヤェッセン村に公立小学校が開校されました。在ミャンマー日本大使館によると、個人出資の小学校設立は初めてのケースです。
タヤェッセン村は電気、水道、ガスが通じていない村ですが、300人ほどの村人を住んでおり、村人たちが持ち回りで教育を実施しておりましたが、農業の隙間時間を使っておこなっていたこともあり、教育品質にばらつきがありました。

今回、公立小学校を開校することで、60人の生徒を受け入れることができ、国から先生の派遣や文具品の支給が開始されたため、質の高い教育が永続的に実施される運びとなりました。

トラックでは入れないため牛車に乗り、現地入りしましたトラックでは入れないため牛車に乗り、現地入りしました

公立小学校を開校するための建設費用や登録費用につきまして、Lithe株式会社の代表である三井雅史(以下、代表)が全額寄付させていただきました。

学校に個人名の看板を掲示していただきました学校に個人名の看板を掲示していただきました

■幼児、児童教育の重要性を痛感

Lithe株式会社を起業したのは2013年ですが、代表にとっては2回目の起業になります。
1回目は2006年に「認可外保育所」を開所しました。

保育所経営の傍ら、東京の小学校の学童保育士も実施していましたが、あまりに将来を悲観しているお子さんが多いことに驚き、幼児、児童教育やそれを見守る親御様のご支援が重要だと痛切に感じました。

結局、2年で閉所することになってしまいましたが、この経験が今回の小学校開校に大きな影響を与えております。

■命を守るための教育の必要性

代表は2009年に「悪性リンパ腫」を発症し、否が応でも死と向き合わなくてはならない現実に晒され、深く死生観を考えることになります。

あるセミナーで「ミャンマーでは不衛生な環境と知識不足が原因で、幼い子が命を落としている。」ことを知り、衛生教育を実施したいと考えました。

「一人でも多くのお子さんの命を守りたい」と代表自ら開校式に参加し、「石鹸を使った手洗い演習」を実施し、お子様全員に石鹸をプレゼントしました。

過去に大病を患った経験が、このような行動に繋がりました。

正しい石鹸での手の洗い方講習中正しい石鹸での手の洗い方講習中

■ミャンマーでの事業進出断念がもたらした教育ボランティアのきっかけ

代表がミャンマーに初めて訪問したのが2013年でしたが、当時は事業進出を見極めるためのビジネス目的でした。

結局、事業進出することは断念せざるを得ませんでしたが、休日にたまたま現地ボランティアの方が運営されている日本語教室に参加し、現地の皆さんが真剣に勉強されている姿に胸を打たれたのが、継続的に教育ボランティアを実施しようと思い立ったきっかけとなります。

■夢は学校を作ること

代表は小さい頃から「人に何か教えること」が好きで、その思いから現在は法人企業向けのコンサルティング活動を実施しております。
そのような経緯の中で、以下のような祝辞を開校式で述べさせていただきました。

—————————————————————

学校の開設、おめでとうございます。
この学校の建設費用を寄付させていただいた日本人の三井と申します。
小学校を作るのは私の小さい頃からの夢でした。
日本ではその夢は叶いませんでしたが、この村でその夢を叶えてもらいました。
ようやく夢を叶えてもらい、私は今、とても幸せな気分です。
夢を叶えるためには大事なことが3つあります。

1つ目は「大事な仲間を持つこと。」

私一人の力で小学校を作ったのではありません。
ここにいるフォーエバー・ボランティア・グループの方や、お父さん、お母さんのお力により、この小学校を建てることができました。
そういう仲間をもつことが大事です。

2つ目は、「失敗を恐れないこと。」

私は日本で沢山の失敗を積み重ねましたが、やり方を変えて何度も挑戦した結果、小学校を作ることができました。
挑戦することには不安もありますが、いつか夢が叶うことがあります。
是非、失敗を恐れず挑戦してください。

3つ目は、「知識を得ること。」

夢を叶えるためには知識が必要です。
そのためにもこの学校で一生懸命に勉強することが大事なのです。
是非、この学校で色々と学んで、皆さんの夢を叶えてください。
この中で日本に興味を持った方がいらっしゃったら、いつの日か日本でお会いすることを楽しみにしております。
ありがとうございました。

—————————————————————
 

村人たちから盛大な歓迎をうけました村人たちから盛大な歓迎をうけました

■今後の活動

今後も大好きなミャンマーの発展に向けて、様々な角度でのご支援を続けたいと考えており、本業に影響を与えないようにと、Uber Eatsの配達ドライバーの収入で建設費用を捻出したいと考えております。

村人たちも集まって全員で記念撮影村人たちも集まって全員で記念撮影

■問い合わせ先
Lithe株式会社 代表取締役 三井 雅史(みい まさふみ)
https://lithe.co.jp/
所在地:東京都台東区上野2-12-18 池之端ヒロハイツ2階
電話番号:050-5307-6454
メール:mmii@lithe.co.jp